ホール・会議室の営利目的使用定義の一部改定

2018.04.20 (金)

 これまで、ホール・会議室を使用する際、低廉な資料代徴収も営利目的とみなされ、割増料金が適用されていました。
 これからは、500円以内の資料代徴収は一般料金を適用とします。また、一般料金の申込で営利使用が発覚した場合は割増料金の2倍の料金を請求させていただきます。